1. スーパー5S(5S改善プログラム)とは

5S活動を掃除の延長線上で、キレイにすることを目的化しているケースが散見されます。
(株)日本総研では、5S活動を通じ、安全で仕事のしやすい職場環境づくりと品質改善・生産性アップ・リードタイム短縮の実現を目指します。この目的を実現する5S改善プログラムを「スーパー5S」と呼称しています。

スーパー5S(5S改善プログラム)とは
スーパー5S(5S改善プログラム)とは

2. スーパー5Sの特徴(進め方やポイント)

① 全員参加

会社のトップから、一般社員、パート社員、派遣社員まで一丸となって、目標に向かって日常の仕事として活動しています。

① 全員参加
① 全員参加

② ボトムアップ活動(一般社員の活発活動)

職場単位での競争意識や社員のモチベーションアップを図る仕掛けや仕組みがボトムアップ活動のポイントとなります。スーパー5S活動を通じ、組織の活性化や社員の成長を実現できます。

② ボトムアップ活動(一般社員の活発活動)
② ボトムアップ活動(一般社員の活発活動)

③ 活動の見える化

計画や目標を立て、その内容を実施し、実施した内容を推進者や管理者がフォローして、さらに良い方向に改善していくために活動の見える化に取り組んでいます。

③ 活動の見える化
③ 活動の見える化

3. スーパー5S実践事例

スーパー5S活動を通じ、安全で仕事のしやすい職場環境づくりの実践事例です。
この活動により、品質改善・生産性アップ・リードタイム短縮につなげます。

【 安全・環境整備 】

安全優先の考え方と仕事のしやすい職場環境づくりの事例です。

安全優先の考え方と仕事のしやすい職場環境づくりの事例です。
安全優先の考え方と仕事のしやすい職場環境づくりの事例です。

事務所におけるムダを省き、仕事のしやすい職場環境づくりの事例です。

事務所におけるムダを省き、仕事のしやすい職場環境づくりの事例です。
事務所におけるムダを省き、仕事のしやすい職場環境づくりの事例です。

【 品質改善 】

スーパー5S活動では、品質改善の環境整備に取り組みます。
機械設備、治工具、計測器の整備や手元化は品質改善の基本です。
また、品質改善に直結する社員の力量アップにも取り組みます。

【 品質改善 】
【 品質改善 】

【 ムダ取り・生産性アップ 】

職場から不要物を徹底的に排除することがムダのない、生産性アップにつながる職場づくりの基本です。
探すムダや歩行のムダなどをなくし、生産性の高い職場づくりを目指します。

【 ムダ取り・生産性アップ 】
【 ムダ取り・生産性アップ 】

【 仕掛り削減・リードタイム短縮 】

仕掛りを減らし、作業環境の整備改善を図ることにより、リードタイム短縮を目指す職場づくりの事例です。

【 仕掛り削減・リードタイム短縮 】
【 仕掛り削減・リードタイム短縮 】

事業案内SERVICE