テーマ

D社 省エネ コスト削減活動 の事例

業種

  • 化成品の製造
  • 販売

従業員数 440名 売上高 190億円

課題

第6次中期3ヵ年経営計画の重点テーマとして、「トータルコストダウンと生産技術の向上」があげられ、その達成のためにいかに企業体質を改善しながら、継続的にコストダウン競争力をつけていくかということ。

実施内容

  • 4Sで廃棄物の分別

  • 作業改善で包装作業の効率化

  • 機械保全で補修費削減、チョコ停の削減、誤動作防止、蒸気・エア漏れの追放

  • 規律で保護具着用の徹底

  • 品質で再調整作業の削減、不良発生の削減

  • ムダ削減で実作業率の向上

  • 省エネ活動で蒸気・電力原単位削減活動 等の計画、実施を行った。

実施結果

作業改善

化学品工程分析時間の短縮 1,104時間/年 (Aチーム)
Z製品の包装能力の向上 対前年対比 126% (Fチーム)
年作業改善金額 8,160千円 (上位3チーム)

省エネ活動

省エネ切替運転の実施 110,000Kwh/年 削減 (Rチーム)
インバーターによる低負荷運転 98,000Kwh/年 削減 (Cチーム)
コンプレッサー運転時間の見直し 60,000Kwh/年 削減 (Kチーム)