テーマ

E社 収益改善、利益4.5ポイントUP の事例

業種

  • 輸送機器開発
  • 製造
  • 販売

従業員数 135名 売上高 41億円

課題

輸送機器製造会社特有の収益減少に悩みを抱えていた。また過去には、5S、仕掛り削減、QC活動を実施するも、継続が難しく、効果を見るに至っていない。そこで、企業体質改善と人材育成(管理職)を必要としていた。

課題は収益改善、人材育成(管理職)、ムダの削減

実施内容

  • N-iPF 導入による「課題達成」のための全社活動

  • 方針・目標管理と PDCA の実践

  • 実践活動

    • 間接部門の生産性向上による直間人員比率の見直し
    • ムダの存在を明確にして生産性の向上
    • 能率管理・作業改善による生産性の向上
    • 日報管理・作業改善で営業活動時間UPによる売上げ増

実施結果

実作業率(WS図 参照)

ムダの分析と改善で、組立作業の実作業率は14.6ポイントUP
改善前 65.2% → 79.8%

生産性

能率管理・作業改善・シングル段取りで、生産性は13.9ポイントUP

活動実績(利益率推移)

日報管理・作業改善で、営業活動時間は20ポイントUP

活 動 活動前 1年目 2年目 3年目
利益率 △0.2% 0.4% 2.8% 4.7%