【2】 企業経営とN-iPF

企業経営の目的である企業の存続と発展、そのための2つの条件

  • 正しい経営戦略
  • 好ましい企業文化

これらを同時、併行的にスピーディに進めていき
短期間で競争力の強化と共に実績、効果を見える化していく

[ 戦略目標 ]、[ 手段目標 ]、[ 評価目標 ]
を同時、併行的に取り組む N-iPF そのものである。

【3】 経営革新を実現

N-iPF (経営)

No 経営要素 内  容
1 方針管理 どのような企業になるか、進むべき方向、変身・再生・拡大
達成目標の明確化・目標管理
2 Q(品質) 信頼される商品、信頼される人材、信頼される企業文化
使う側の理論にたつ信頼性管理
3 C(コスト、生産性) 事業構造の変革/活動密度・CR
4 D(リードタイム、期日) 競合他社を圧倒できる工期、企業体質変化のスピード
お客様に合わせた正しい仕事の進め方
5 技 術 市場をとらえる商品戦略
競合他社をとらえた市場戦略
6 環境設備 企業経営の原点、徹底した5S
目で見る顧客満足度の向上
7 小集団活動 革新を支える小集団活動

N-iPF (販売)

No 経営要素 内  容
1 方針管理 とらえる市場、達成目標の明確化、目標管理、中期販売計画
2 Q(品質) 正しい顧客、市場情報の収集
・顧客の仕様を正しく供給部署に伝える
・我が社の商品のQCDに対するお客様の声
・潜在する商品を発見するための情報、未来情報
3 C(コスト、生産性) 新しい顧客を増やし続ける
そのお客様から繰り返し新しい注文を受け続ける
4 D(リードタイム、期日) 競争相手に打ち勝つ活動スピード
お客様に応える仕事のスピード
5 技 術 経営計画・戦略に応える販売戦略
顧客・市場をとらえた市場戦略
6 環境設備 顧客第一主義、目で見るCS、徹底した5S
7 小集団活動 革新を支える小集団活動

N-iPF 実践マスター

◇ 3年で収益目標を達成する
◇ 3年で企業の体質強化を実現する