戦略的中期経営計画の策定 コンサルティング

戦略的中期経営計画の策定 
コンサルティングの特徴

  • 正しい経営戦略を立案し、企業体質の改革が実現できる!
  • 全組織構成員の能力と意欲向上が図れる!
  • 計画を確実に実現できる推進体制が確立できる!

戦略的中期経営計画の策定 コンサルティングの流れ

Step.1
戦略的中期経営計画の必要性と内容

企業の存続・成長において、めまぐるしく変化する環境に適応することがいかに重要であるかを認識し、戦略的中期経営計画の果たす役割とその策定方法を理解していただきます。

Step.2
自社の現状分析と成功要因の検討

自社の現状、過去からの経緯を分析した上で、今後自社が存続し発展していくために、ぜひとも獲得しなければならない成功要因を見出し、その緊急度や重要度を検討します。

Step.3
全社的な経営目標の設定

第2ステップで明らかにした成功要因の獲得を可能にするために自社の体質改善を図り、以下の6つの視点を用いた全社的な体質改善目標(経営目標)を設定します。

  • 営業構造の改善
  • 商品力の強化
  • 組織構造の改善
  • 人材能力の向上
  • 組織風土(企業文化)の改善
  • 財務体質の改善

全社的な経営目標の設定

Step.4
部門別目標の設定と行動計画の策定

全社的な経営目標に基づいて各事業部における改善目標を設定し、さらに部門別に展開して具体的な行動計画を策定します。

Step.5
部門間調整と財務体質改善計画の策定

Step.4で策定された目標を部門間で調整し、最終的に十分な財務体質の改善が実現できることの検証がなされれば、予算を確定します。
そして社長・経営幹部の全員の承認を得て、戦略的中期経営計画の検討を終了します。

Step.6
中期経営計画推進体制の確立

中期経営計画を推進していくための管理体制を構築し、経営体質の改善を確実にします。


事業案内SERVICE