生産革新
セミナー

設備稼働力を高め、品質を安定させる

『成果が上がる機械設備保全の進め方』

セミナー対象者

  • 経営幹部
  • 生産部門責任者
  • 管理監督職

セミナーのねらい

  • 忙しい忙しいと機械を使いっぱなしにしていると故障を起こして、結局生産が追いつかなくなってしまいます。故障をなくすためには、三悪(点検清掃不良、給油不良、誤操作)をなくしていくことが大事です。全員参加で目標を決めて進めれば、より効果が大きくなります。

  • 予防保全のサイクルを回していけば、設備の安定期による故障はもちろん、初期故障、老朽故障も減少し、突発故障「ゼロ」に。また品質不良、材料切れ、段取り替えなどを含めた「チョコ停」(設備停止)も大幅に減少し、設備稼働率向上による生産能力増、コストダウンも図ることができます。こうした機械設備の保全の進め方を具体的な手順とともにお話しします。

  • また機械設備の保全と関連する生産革新のための『新・経営革新プログラム』の特長を説明し、実践企業の成功事例も紹介します。

お気軽にお問い合わせください

セミナーのお問い合わせ・お申込

※セミナーの講演時間は約1時間30分の内容となります。